住宅ローンの返済が困難になられた方へ。友伸が全力でバックアップいたします。


住宅ローン等の借入金を放置し続けると、銀行等の債権者が担保不動産(残債の残っている住宅等)の競売申し立てをし、裁判所から競売開始の書面が送られてきます。
競売が怖いのは本人の意思を全く反映されずに売却され、簡単に言いいますとその時点で他者のものとなります。該当不動産が売却され現金金化され、債権者に優先的に弁済されるため、もともと所有者であるあなたには現金はまず残りません。
競売の場合は通常に売却するよりも低い金額になってしまうので、不動産を手放したうえにさらに多くの借金が残ってしまうのです。
また、個人的な事情を考慮されずに家等を出ていかなければならないため、金銭面だけのストレスに留まりません。

競売に対抗するには!「任意売却」

任意売却は競売と異なり銀行等の貸主との話し合いの中で、あなたが有利になるようことを運んでくれます。売却の価格、退去時期、返済金額など多くの交渉の余地があります。



友伸「おすすめ」最新物件情報



友伸の「NEWS&TOPIX」


Menu